第8回文化庁メディア芸術祭

第8回文化庁メディア芸術祭

文化庁メディア芸術プラザ

行ってきた。それにしても最終日で人の多いこと。平日に行くべきだったと後悔、東京都写真美術館は近所なので行こうと思えばいつでもいけたのに。。。結局落ち着いて観覧することが出来ず、早々に帰る。母校(九州芸術工科大学)の学生の作品がたまたま目に止まる。個人とともに学校色も強くでてた。なかなか楽しめる作品。お得意のインタラクティブ作品だったけど、映像にしてしまうと魅力半減でもったいない。(余計な世話だけど)単なるおもしろい映像作品だと思われてしまうのではないかと残念。で、AIBOを見て帰った。VAIO typeU のこともあり、やはりSonyってカッコイイ。世間ではソニータイマーやら言われてるけど、アイザワにとっては物欲をそそる製品は多数。AppleかSonyかってぐらい。

 

ランドスケープデザイン 専門誌

LANDSCAPE DESIGN 暮らしの景観・環境をデザインする

LANDSCAPE DESIGN

291 landscape design studio」のツクイさんより、ランドスケープ情報誌についての情報。こんな本があったんですね。何となくは知ってたし、以前いた福岡の本社でも見たことあるような気はするけど。当時、アイザワにはなんの魅力もない本だったような気がする。。。

そうはいっても、この雑誌、一応、日本で唯一のランドスケープ専門誌なんですけど…話題の広がりが、学級新聞並みに狭いというか…内容については、もちっと無いもんですかね?と、問いかけたい。(中略) みなさんは、どう思います?-- 「祝!連載開始」記事より

あぁ、そうなんですか?「学級新聞」、、懐かしい響きだ。 どんな内容か知らないけど、少なくとも僕はデジタルや ITの記事や話題がないと惹かれないし。うーん、この際アイザワに執筆させてはどうでしょう(笑)、「零細企業に薦めるネットワーク管理」とか「SOHOでも気軽に始めるバックアップ術」とか、「生き残るための技術、3DCGを導入する」とか「新しい情報交換ツールBlogを始めよう」とか、さらには「ワークショップで大活躍! SOLAで3Dコミュニケーション」等々。。。まぁ、このBlogで書いていけば良いんだけど。結局訪れてくれる方々ってある程度 ITスキルのある場合が多く、Webサイトさえも見る機会のない方々に若い世代の僕らが考えるランドスケープを伝えるためには、こんな専門誌じゃないとだめなのかなぁと思う。インターネットだけでランドスケープが語れる日が来るのはまだまだ先なんだろうなぁ。 というほど、実はランドスケープのことを余り知らないアイザワだったり。。。。

 

MoMA ランドスケープ展

Groundswell: Constructing the Contemporary Landscape

MoMA ランドスケープ展

はる@の日記」さんより、MoMA(ニューヨーク近代美術館)で開催されているランドスケープ展についての情報。

日本じゃ美術館がランドスケープ特集組むなんってちょっと考えられないよな。まあ、デザインするほうもそれほどのタレントが揃っているともいえないし。 -- 「はる@の日記」「MOMAで開催中のランドスケープ展」記事より

うーん、やはりそうなのか。みなさん、なんとかしましょう。「はる@の日記」さんに「ランドスケープ」カテゴリ有り。

 

Y! toolbar impact マクロメディアに訴えたい

Did you know that the most popular sites in Sweden even supported Shockwave for banners a couple of years ago? We did some pretty cool stuff back then I can tell you :) As soon as the Y! toolbar was introduced the support was removed immediatelly, and they just laughed at us.
In the second part of 2004 all our Shockwave productions got cancelled all due to the new Y!-toolbar. That's a fact. As a direct result to Macromedia we are not going to buy any new licences to Director until the Shockwave player installation is improved period. That is about $5.000 per year in lost income for them just from us, and I'm sure the income from our visitor's Yahoo toolbar installations can't compete with that.
  --  メーリングリスト「dirGame-L」でKarl Cifiusのこの投稿から。

問題のダイアログ

まずはこちらのエントリーでことの発端がわかる。で、スウェーデンの方ですが、どこの国でも「Yahoo!ツールバー」は嫌われ者のようだ。Yahoo!ツールバーのためにクライアントを失しなってしまい、「Director(Shockwaveのためのオーサリングツール)」はもう買わないと言ってる。海外のインストーラーはどんな仕様なのかな。強制的にインストールされるような仕様だったら、かわいそうだ(そんなことはないと思うけど)。日本の場合は「チェックマークをはずす」と「Yahoo!ツールバー」のインストールは回避できるが。そもそも「回避」しなくちゃいけないという設計だからいけないのであって、「Yahoo!ツールバーという便利なツールがありますよ。インストールしたらいかがですか?」ってのがデフォルトだったら誰も文句は言わないんだろうけどなぁ。アイザワはデフォルトでインストールされる仕様が非常に不快。デフォルトではインストールされず、Yahoo!ツールバーを薦める程度のダイアログならまだ許せる。Yahoo!やヤフーの文字さえも出ないのが最高、でもそれが本来の姿だけど。オクヤマさんに調べて頂きましたがこちらのような経緯があるので、ヤフーを排除することは難しいみたいで諦めてるけど。Shockwaveにしわ寄せがこなくても良いのになぁ。でも、Shockwaveは最高のツールなので「みなさん、SOLAを見るために是非インストールして下さい。お願いします。」 他のプラグインに比べたらまだマシでしょ。

 

www.TEKHNA3D.com - Shockwave3D Contents

tekhna3d

www.TEKHNA3D.com

素敵なShockwave3Dのみのサイト。トップページのリンクから数点のデモを観覧できる。アイザワのお奨めは「relative」と「kaleido」。Shockwave3Dはレースゲームやアクションゲームが多いけど、実はこういった表現も楽しい。

 

ランドスケープ Blogサイト

結構なペースで「ランドスケープ」アンテナに引っかかるBlogサイトが増えてきている。良い傾向だ。「ランドスケープ」という単語自体に検索されるサイトは多数あるが、某ミュージシャンの楽曲名だったりハズレも多い。ランドスケープ的な話題としてエントリーされた記事もあるが、基本は「ランドスケープ」カテゴリがあること・「ランドスケープ」を学ぶ学生さん、生業とする設計者を対象にBlogサイトを紹介する。以前紹介した方々も含め、後ほどリンク集を作っていこうと思う。やはり学生さんを含めた若い世代が目立つ。

「ランドスケープをしよう」管理人ブログ

宮川央輝さんのBlogサイト。メインサイトに「ランドスケープをしよう」ってのがある。

FRDMOPTN 0164 ― XXXX

建築系学生 オサダタツロウさんのBlogサイト。「景観」に関しても触れている。スタイルの良いレイアウト。

幸せのうらにわ。

学生 akikoさんのBlogサイト。日記中心で、「建築・ランドスケープ」カテゴリあり。

ゾウのすべりだい

rinkoさんのBlogサイト。日記中心だが、造園関係のお仕事なのかなってことで。

 

SOLAさんの追い上げがスゴイ。

蒼井そら 今日のSOLA模様

Googleでは安定して「SOLA」でトップに表示されるようになった「SOLA Blog」だが、驚異的に伸びているサイトが「蒼井そら 今日のSOLA模様」。数週間後には間違いなくトップだろうな。有名人にはかないません。「そら」さんだったら「SORA」でいいじゃないって感じだけど。。。しかし、素晴らしいのはマメに日記を書き続けてること。ブログが流行る以前の日記コンテンツもあり、更新はほぼ毎日。うーん、ホントに趣味で書いてるんだなってところは感心する。Livedoorランキングでは上位で、実力あり。今後もがんばって頂きたい。で、「SOLA Blog」は「蒼井そら」さんのおこぼれをもらう感じだろうか。明らかに読者層が違うから意味のない話かもしれないけど、蒼井そらさんのあれだけの動員数があれば、コンマ数パーセントは間違えて「SOLA Blog」を観覧し、「3DCG」「shockwave」などで興味を持って頂けたら良いなと思う。

 

VAIO が欲しい。

VAIO type U

VAIO type U

メールやら未読のWebページが貯まってしまった。たった3日間PC触らなかっただけなのに、取り残された感がある。やはりモバイルの必要性を感じる。しかし、アイザワはモバイルに適したマシンを持っていない。メインマシンは Dell PRECISION M60 で、普段はコレを持ち運んでる。いや、大きいし重いし気軽じゃない。性能的には文句ないけど、いわゆるモバイルじゃないよな。しかたなく、これで無線や携帯で通信してるけど。仕事場の環境をそのまま持ち運べるのは良いけど、モバイル専用機があっても良いかなと思い始めた。ということで、いまのところ候補は「VAIO type U」。極端なほどのモバイル環境だが、思い切りの良い製品。中途半端なノートパソコンならば、メイン使用のデルで良いし。グラフィックボードはもちろん無いけど「SOLA」の動作環境としては標準的なところで、開発テスト機としてもプレゼン用にしても使える。こんな小さなパソコンで「SOLA」のような3Dソフトウェアがグリグリ動くのだから、行く先々で驚かれることは間違いない。(旧型機が発売されたときに、展示品で動かして確認済み)

 

山と海を見てきた。

山

自然を見てきた。

海外に出掛けてきた。縁石や舗装の仕方が日本とはまったく違うのでおもしろい。かなりの強行日程で、頭はリフレッシュされたが体は余計に疲れた。で、自然を見た。地形が日本では見られないカタチなのと、始めて見る樹木が良かった。ああ、やはり自然は壮大だ。

 

モバイルしません。

たまにはプライベートな話題を。今晩から遠方へ出掛けます。携帯は通じないので、もちろんモバイルもしません。イークラフト東京オフィスはお休み。来週から仕事します。緊急の連絡先はこのエントリーへのコメント。但し、保証はできません。

 

Taro Kudo - Director Multimedia Developers

nuec

http://www.nuec.net

これはかなりクールなサイト。日本人の方で、なぜかshocksite.comで紹介されていた。(WebMasterは日本通なのかな、それにしても素晴らしいアンテナを張ってる。)で、このサイト、モノトーンなのがカッコイイ。動きとかカメラワークもなかなかカッコイイ。とりあえず、カッコイイサイト。それにしても、日本人のShockwave3Dサイトが出来ることは良いことです。今後に期待。

 

再アップロード SOLA4 ver0.37

SOLA

フルダウンロード 7MB

0.3x - 0.37 差分ダウンロード 0.5MB

  • ATI社製のグラフィックカードで、起動時に「depthBufferDepth」のエラーがでる不具合を修正
  • 移動時に、高速に削除を行うとエラーが出る不具合を修正
  • 使用期限延長 2005/04/29 まで。

前回のアップデートの後、不具合報告があったので修正しアップロードし直しました。バージョンとリンク先は同じですが、内容は「移動時に削除するとエラー」の項目だけ異なります。以前、ver0.37をダウンロードされた方は、お手数ですがもう一度おねがいします。

 

3Dで再現、観光体験。 - ランドスケープ 官公庁

バーチャル島根3D

バーチャル島根3D

行政でここまでやった、珍しい例。以前にも紹介したが。最近この手のモデリング仕事があるので、再エントリー。モデリングは丁寧に出来てる分、Jpegノイズがちょっと残念。こういったコンテンツは「観光振興課」がするのか。どの都道府県にも「観光振興課」はあるのかな? 全国の「観光振興課」のみなさん、島根県のようにがんばりましょう。  実際、旅行の申し込みなんてネットだけで簡単に終わっちゃう時代なだけに、観光案内にしてもネット上でいろんな情報があった方が良いのだと思う。下調べもまずはネットだし。

 

SOLA4 ver0.37 アップデート

SOLA

フルダウンロード 7MB

0.3x - 0.37 差分ダウンロード 0.5MB

  • ATI社製のグラフィックカードで、起動時に「depthBufferDepth」のエラーがでる不具合を修正
  • 使用期限延長 2005/04/29 まで。

最近は、3DCGや他の仕事が詰まってて(いいわけ)なかなか機能面で更新できてない。いろいろ新しいアイデアが出てくるのに、日々の業務で消化できないなぁ。再来月くらいからはSOLA中心にがんばろう。みなさん、フィードバックをどんどんお願いします。

 

住宅向けエクステリアを Viewpointで -- Web3D ランドスケープ

東洋エクステリア

東洋エクステリア 3Dシミュレーション

実は、Viewpointでリアルタイム3Dやってた。アイザワは造園業なので度々耳にする企業だが、Webサイトは覗いたことなかった。で、スライド門扉の寸法知りたいなと思いたまたま訪れたら「Web3D」やってるじゃないか。しかも Viewpointで。Viewpointの楽しいところは、画面がデスクトップに大きくせり出すこと(「3D拡大表示」を押す)。始めてみたときは結構コレ驚いた。Viewpointはデフォルトでアンチエイリアスが掛かるし、映像系もできるし、結構盛りだくさんのプラグイン。インストールしても危害はないので体験してみて下さい。で、東洋エクステリアだけど、3つのコンテンツがあって商品説明と見積もりみたいなのがある。Viewpointの定番的な作りのコンテンツかな。ランドスケープ向けエクステリアパーツの企業は沢山あるから、時間があったら覗いてみよう。他の会社もWeb3Dやってるかもしれない。

 

SOLA Blog 念願のトップに。

SOLA Google

"SOLA"をGoogleで検索してみる。

株式会社イークラフトのSEO(Search Engine Optimization)対策として始めた「SOLA Blog」だが、「SOLA」で日本語検索した際、念願のトップでヒットするようになった。(ウェブ全体だとなんと4番目、これも驚き。) 数ヶ月前までは無理だろうと半ば諦めがちだったが、ようやく結果を出せた。このサイトに訪れてくれる皆さんのおかげ。「ありがとうございます。」 で、記念にスナップショットした。(数時間後には降格してるかもしれないし、、、)

で、まじめにSEOの話だが。そもそも「SOLA」がなんなのかということから。「SOLA」はアイザワが株式会社イークラフトで開発を行っているランドスケープ向けリアルタイム3Dビューア。こちらでサンプルを観覧できる。この「SOLA」というツールを広めたいがためのSEO対策として「SOLA Blog」を立ち上げた。ドメインに「sola」が入っていないし、ちょっと不利な状況からのスタートで。「そら」という言葉自体もありふれてる。「SORA」でなく「SOLA」と多少ひねってはいるが。競合相手がひしめく中徐々にランクを上げていったが、今日トップに表示されることに気づいた。いつの間に?って感じで拍子抜け。イークラフトのSOLAページ自体はそこまで対策もしていないので検索しづらいが、「SOLA Blog」から誘導できるので良しとする。ここまで上手くいくとは思ってなかったけど、SEOに夢中になる方々の気持ちも分かる気がした。トップに表示されるのは気持ちが良いですよ。

「SOLA」 で上位に表示されることによって、どの程度の新規読者(ユーザー)を取り込めるのかってことだけど。ちょっと考えたら、これといって効果はないはずだ。固有名詞だし。「ランドスケープ + 3DCG」とかの方が、新規に誘導する意味がある。

 

RENNES CITEVISIONS - ランドスケープ Shockwave3D Contents

RENNES CITEVISIONS

RENNES CITEVISIONS

Shockwave」と「Director」、どのカテゴリにするか迷うのがこんな時に重複カテゴリみないなのがあると便利かも。。。どちらにしてもこのサイトは非常に参考になると思うのでご覧になって下さい。(飛び跳ねてる陽気な人の下、「LANCER CITEVISIONS」をクリック。)このサイト、フランス語なのでサッパリ意図が分からないが、とにかく都市を3Dで再現しようとしてるみたい。「ランドスケープ」的な観点から見ると、この手のコンテンツ(ビューア)の需要は官公庁を始め大きくなってるなと思う。都市計画にしろ景観整備にしろリアルタイムに3DCGを観覧できるのは非常に有用で、計画前はもちろんのこと計画後も非常に恩恵のある財産になるし。その際には是非「SOLA」をご利用下さい。で、「Director」的な観点から見ると、非常に勉強になる。テクスチャメモリやポリゴン数を上手く制御してる。特にテクスチャを段階的にロードさせるのは航空写真系のコンテンツにはとても有効。Shockwave3Dはわりとテクスチャメモリを上手く割り当ててくれる気がしてたけど、ロード時間やメモリの安定性を考えるとこういった手法は必要なんだろうな。

 

Google ついに始めたか。

googlemap

地図サービス「Google Maps」のベータ版

手始めは2Dマップサービスだった。Keyholeとはまったく別のサービスになるのか、今後このサービスがKeyholeに集約されていくのかは不明だけど。。まだベータ版なので、消えるかもしれないし。ただ、検索サービス業界の動向はおもしろい。地形や地図検索まで確実にやろうとしてるから。このサービス、地図がスクロールできるところが非常に感動。しかもインターフェースがカッコイイ。無料のサービスなのに、ここまでやるところが素晴らしい。日本でのサービスが期待されるだろうけど、どうなんだろうなぁ。地図サービスが出来る企業ってそんなに多くないけど、どこと組むのか非常に気になる。

 

道具は違っても、その道のプロはプロ

日本庭園

このコンテンツの樹木の配置は社長によるもの

ちなみにSOLA Blogに置いてあるSOLAコンテンツだが、樹木の配置は彼(イークラフト社長)がやることが多い。SOLA4という 3Dソフトウェアを使用して作成している。実は、造園のプロが植えるのとアイザワ(造園初心者)が植えるのでは雲泥の差がありおもしろい。社長はその道のベテランだけど、3DCGは詳しくないし操作もおぼつかないところがある。僕は3DCGは得意だし、こういったツール(SOLAは自分で作ってるから当然だけど、、、)もすぐに使いこなせる。造形センスや美的感覚は多少あるとは思うんだけど、うまく植栽ができない(社長に比べて)。考えるに、SOLAで3DCGをやるけど、妙に現実(リアルな空間)にリンクされる気がする。いや、実際に設計する景観をSOLAで検討・再現するのだから当たり前でそうあるべき。バーチャルリアリティーってやつ?なんかかっこわるい言葉で好きじゃないが。現実に造園に関する知識や経験がある人が、3DCGで植栽した空間はホントに現実味がでる。逆に知識のない僕が植栽しちゃうとなんのリアリティーもない、、、絵的にはカッコイイはずなんだけどね。

 

Lingo / Director リンク集

更新した。で、このページの仕様も新たにした。サイトも整理しきれなくて未だ紹介していないものもあるんだけど。Posted 2005/**/**”に以前紹介した詳細なエントリーにリンクするようにした。

 
ようこそ、SOLA Blogへ

このウェブログは、三次元のリアルタイムレンダリングに関する話題が中心です。たとえば、SOLAやオンライン3Dゲーム、Web3D、VR。3DCGやプログラミングとかもその範疇。VR未体験の方は、ぜひイークラフトのVRコンテンツで遊ばれてください。とはいえ、雑記といえば雑記かも。

Archives
Search でも役立たず
Profile / Contact
アイザワ ユウイチ

アイザワ ユウイチ
テクニカル・アーティスト

東京都港区在中、株式会社イークラフト勤務。ランドスケープ業界に新感覚3Dツール SOLAを提案中。下のフォームから連絡とれます。気軽にどうぞ。