SOLAとは?

SOLA

"SOLA(ソラ)"はアイザワ(当サイトの管理者)が開発する、リアルタイムレンダリングが可能な3Dツールです。従来のパース・アニメーションの3Dコンピュータグラフィックスに革新をもたらします。3Dシーンをリアルタイムに観覧・操作できる "SOLA"は、まさに三次元シミュレーションやプレゼンテーションに最適なソリューションです。

  続きを読む

 

オンラインでガーデニングを体験

3D Garden Designer

3D Garden Designer

以前にも似た記事「The Virtual Garden」をエントリーした。今回紹介するのも類似品。(Start Now! > 画像をクリック > Open This Template の順で観覧できる。) やはり、気軽にインタラクティブ性を求めるならWebアプリケーション。が、どうもこの分野とは親和性が低い気がする。「ガーデニングをバーチャルで楽しめますよ。」で飛びつく人ってどんな方々なんだろう。アイザワはWeb技術的な視点でこのサイトに訪れたわけだが、少なくとも「ガーデニング好き」な方々は自然とのふれあいが好きなのであって、わざわざバーチャル? Webオタクな僕のような連中をガーデニングの魅力に引きずり込みたいのか。単にサイトの宣伝目的か。どちらにしろ「自然」をCG表現すること自体、まだまだ未開で魅せるのが非常に難しい。

 

Lucas 待望の新作3Dゲーム。 - Kaptein Sabeltann

Kaptein Sabeltann

Kaptein Sabeltann

3DLingo使いの間では知らない人はいないであろう Lucasだが、ついに新作を発表。スゴイ、これはホントにスゴイ。最高のクオリティーだ。Lingo的観点では、彼はライトマップが直接書き出せる、3dsmax用のW3Dエクスポーターを開発したという。欲しいな、これ。まぁ、彼のことだからいろんな技法を生み出したんだろう。今後、Tipsとして話題が上がると良いなぁ。ゲームも楽しめる。

 

改め「ランドスケープとメディア」カテゴリー

アイザワも皆さんみたいにランドスケープ関係のネタがあれば良かったんですが、、、。よくよく考えると無いですね。というか、無知なだけにネタが作れない。ということで、割と得意な分野というか、ランドスケープ及び造園系設計事務所とメディアの関わり方について今後の方向性を辛口で切ってみたり、ランドスケープのための3DCG講座を初めて見たり、などなど。当分は「社長に読ませればすぐに導入したくなる3DCG講座」や、「情報発信・収集のためのメディアの使いこなし術」など予定。以前のエントリーも当てはまる分についてはカテゴリーを変更していってます。ということで、久しぶりのトラックバック大量送信。

 

ランドスケープ カテゴリー新設。

一応、この業界に身を置くモノとしてこのカテゴリーをはずせないだろうということで新設。ホントは事務所の他の先輩方がこの手の情報や意見を述べて欲しかったんだけど。。。。アイザワはランドスケープに関しては専門外だが、BlogやWebサイトで情報を発信できるランドスケープ仲間を「ランドスケープ支援ツールです。

 

アルプス社の地図ソフトがYahoo!と連携したが

プロアトラスでYahoo!情報を表示

「Yahoo! JAPAN」の検索情報が表示される。

民事再生法を適応したアルプス社の事業を継承したのがヤフーだったので、今後どのようなサービスがあるのか期待してたがそのアップデート。ちなみにアイザワは「プロアトラス航空写真II」を持ってるが、もちろんアップデートの対象。感想としては、最低である。通常想定される使い方をするなら同じ地図データを使った「Yahoo!地図情報」のほうがまだマシ。むしろ、「Mapfan」かな。たくさん情報があるし。Yahoo色を出すのは賛成だが、ホントに利用価値のあるアップデートを望む。売名行為はもういいから。

 

Story Pages をBlog形式に移行中

何となく始めてしまった。Story Pages項目のページはHTMLエディタで作成したファイルをアップロードしていたが、今後のことも考え Blog形式に移行する予定。全ての更新がRSSで確認できる方が良いと思うし、トラックバックやコメントも活用される?かもしれない。現在、「SOLA Blog について」「W3Dファイルについて」「3DCG ソフトウェアのヘルパーツールとして」を移行済み。BBSはやっぱり無理だろうな。コメント更新がトップページに反映されるようにしたいんだけど。

 

W3D(Shockwave3D形式)ファイルについて

w3d ファイルはShockwave3D用のファイル形式。Macromediaと Intelが開発した規格らしい。このフォーマットにはオブジェクト・マテリアル・テクスチャ・UV座標・キーフレームアニメーション・ボーンアニメーションなど、全ての3Dデータが一つのファイルに含まれる。なんとも欲張りなファイル形式であるが、 Web上で使われる目的のためファイル容量が非常に軽いのが特徴。普通、3Dファイルはテクスチャは外部リンクであったり、メッシュ構造しか保持できなかったり、マイナーすぎる形式だったりと扱いづらい。しかし、この w3dファイルはJPEGなどの画像ファイルとおなじくらい簡単に扱え、しかもあらゆる3D情報を持つことができる究極のファイル形式である。アイザワがベタ惚れのお奨めファイル形式。SOLAはこの w3dファイルを読み込むので、デザイナーの表現力を充分に活かすことが出来る。

W3D を書き出し出来る 3DCGソフト

w3dファイルを作成するには、対応した 3DCGソフトウェアが必要。しかし、メジャーなソフトウェアはすべて対応している。標準で書き出し出来るソフトもあれば、別途エクスポーターを入手する必要のあるソフトもある。また、ソフトウェアによっては書き出されな項目があるし、書き出し方も異なる場合があるので注意が必要。

 

3DCG ソフトウェアのヘルパーツールとして SOLAを利用する。

helperimage01

数千数万個のモデルをどう配置するのでしょうか。

SOLAはランドスケープに特化したヘルパーツールとしても使用できる。3DCGソフトウェアでは非効率な作業でも、SOLAを使えばあっという間。3Dデザイナーの方に、ぜひ試して頂きたい。3dsmax用スクリプトとの連携で、SOLAは立派なヘルパーツールになる。

 

最近、欲しい測量グッズ。

レーザーポインタからポリゴンを作成する測量機器

レーザーポインタからポリゴンを作成する測量機器

というのは、あったら良いなという機器。アイザワにはそれほど縁のない測量グッズだが、あったら便利だなあと思う。もちろんランドスケープの3DCG用途だが、図面が信頼できないときとか現地調査が必要な時もある。アイザワは既に、物体を見ると即座にローポリメッシュが作成される脳になので、頂点を指しエッジをなぞる感覚で即座にメッシュを作りたいわけ。現地調査をしながらメッシュを作成。なんて素敵なアイデアだろうか。特許とれるかな。検索してもそれらしいのは見つけることが出来なかった。で、さすがにハードウェアを製作できるわけないので、既存のハードウェアを利用したソフトウェアを作成できないか検討してみた。

 

逆に3Dファイルの読み込みとか。 - SOLAのアイデア

SOLA

逆に読み込みの方は必須じゃないかな。W3D以外に、3DSやOBJ、LWO、DXF読み込めるとかなり使用範囲が広がるし。まさに万能なリアルタイム観覧ツールSOLA

 

3Dファイルの書き出しとか。 - SOLAのアイデア

SOLA

3Dファイルを書き出せたら、結構おもしろいかもしれない。W3D(*.scn SOLAシーンファイル)から 3DSや OBJなどの汎用ファイルにコンバート。W3Dファイル自体は JPEGみたいなところがあって不可逆なファイル形式だけど。ジオメトリはほぼ忠実に取り出せるし、テクスチャは圧縮が掛かってしまってるけど使えないことはない。バイナリの読み書きできる Xtraを使えば出来そうな予感。後はファイルの構造を調べるだけ、

 

Livedoorに買収されたらなぁ

soratec

かなり、かぶってる。。事業内容も名前も。。アイザワは2002年8月から株式会社イークラフトで「SOLA」の開発を始めたわけだが、なんともチンタラやってきたものか。。。。今現在は「」の漢字を名称からハズしてるが、まぁ正解だった。イークラフトはスピード感が全くないのが問題なんだろう。そういった体制は資本的、人員的に無理だし。あぁ、Livedoorに買収されれば良いんだけどなぁ。社員が思うのは不謹慎でしょうか。

 

vListメンテナンスリリース 1.8.3

アイザワが重宝するエクストラ、"vList"がアップデートされた。shockwave 10.1 に対応するためのバグ修正とファイルダイアログコマンドの追加。以前は保存などでダイアログを開くのが非常に分かりづらく面倒だったので、コレは助かる。vListが要のリアルタイム3DツールSOLAの変更は当分先になりそう。

 

SW3D時、一部のATI社製グラフィックカードにバグ。

SW3D ATI bug

3D rendering issue - video card?

"Dir3d-l"メーリングリストでのトピックだが、ATI社製のグラフィックカードではShockwave3Dに関するバグがあるらしい。アイザワは nVidia社製品なので気づかなかった。同位置の重なったポリゴンの表示はどんな場合でもキレイに表示できないが、距離の近い場合でもチラツキが起こる場合があるという。表示深度が浅いのが原因だが、いくつかの ATI社製のグラフィックカードでは DirectXレンダリング時、"depthBufferDepth = 16"しか認識できないという。

 

Xtrasy.com - Director Xtras

Xtrasy.com

Xtraをデータベース化してるサイト。細かいカテゴリーがとても親切で、なかなか充実した内容。

 

ISOinteractive - Director Xtra Developers

ISOinteractive

unique design and applicaton development

Xtraではないが、"ISOinteractive STUDIO"なるビヘイビアやライブラリなどをセットにしたコンポーネントを販売している。この ISOは Isometricのこと。

 

DIRECTORFREAKS! - Director Forums

DIRECTORFREAKS

DIRECTORFREAKS! :: Your nr.1 Director Resource!

というほど現在は充実した内容ではないが、Xtraの更新はマメにチェックしてるサイト。

 

LingoPark - Director Forums

LingoPark

Willkommen im lingoPark

ドイツのサイト。フォーラムを中心に幾つかのソースやチュートリアルがある。おそらく、ドイツの老舗なんでしょう。

 

LINGOWORKSHOP - Director Learning

LINGOWORKSHOP

LINGOWORKSHOP

以前紹介した"One-Sprite Widgets"をはじめとしたソースコード、幾つかのデモやチュートリアルを公開している。

 
ようこそ、SOLA Blogへ

このウェブログは、三次元のリアルタイムレンダリングに関する話題が中心です。たとえば、SOLAやオンライン3Dゲーム、Web3D、VR。3DCGやプログラミングとかもその範疇。VR未体験の方は、ぜひイークラフトのVRコンテンツで遊ばれてください。とはいえ、雑記といえば雑記かも。

Archives
Search でも役立たず
Profile / Contact
アイザワ ユウイチ

アイザワ ユウイチ
テクニカル・アーティスト

東京都港区在中、株式会社イークラフト勤務。ランドスケープ業界に新感覚3Dツール SOLAを提案中。下のフォームから連絡とれます。気軽にどうぞ。