http://nonlinear.openspark.com - Director Learning

James Newton's site.

dir ファイルでLingoのソースをかなりの数、公開している。

nonlinear - examples and technical notes for designers and developers

マルチユーザーとデータベース接続のサンプルや資料がダウンロードできる。

 

shocksites.com - Director site

shocksites

shocksites.com

Directorサイトをデータベースとしてまとめているほか、チュートリアルやソースも充実。フォーラムも盛り上がっている、メジャーな総合型 Directorサイト。

 

specialmoves - Director developer

specialmoves

specialmoves

マルチユーザーのポートフォリオなどが観覧できる。あのボンバーマンを Shockwave3Dゲームにした会社。良くできた作品(宗教系のコレコレ)は以前に紹介済み。

 

Bomberman Generation - Shockwave3D Game

Bomberman Generation

あのボンバーマンがShockwave3Dで遊べる。

posted 2002
やはり名作ですね。Shockwave3DだろうがFlashだろうが、ボンバーマンのゲーム性自体のおもしろさにかわりはない。
 -- Bomberman Generation のWebサイトより

 

The Virtual Garden - Shockwave3D Contents

bbc gardening

オンラインでガーデニングを体験。

posted 2004/5/10
平面図で庭の設計や草花の配置を行い3Dで観覧できる、バーチャル庭園。まさに、同業ですね。もっと、世界各地でランドスケープや造園に関するリアルタイム3DCGが取り上げられることを望む。
-- BBC UK Gardening のWebサイトより

 

本家イークラフト 微妙な更新。

イークラフト

株式会社イークラフト

ここのところ停滞気味の本家サイトだが、若干の更新。というよりも修正。トップページで変更履歴が確認できるようにした。というのも自分の「はてなアンテナ」で拾えるようにするため。しかし、この微妙な変更が難点でレイアウトを調整するのに時間が掛かってしまった。デザインも、いつかは SOLA Blogと揃えたいかもと考え中。幾つか作業中のページがあるも未だアップロードできず、停滞気味の本家サイト

 

The Ark - Shockwave3D Game

The Ark

The Ark

posted 2003/05/19
宗教系だが、コンテンツのボリュームは壮大な感じ。芝居をshockwave3Dで観覧する雰囲気?珍しいと言えば珍しい部類なので、一見の価値ありか。本家のリンクが不明だったので、制作元のリンク。
 -- The Ark :shipoffools のWebサイトより

 

Church of Fools - Shockwave3D Game

バーチャル教会

バーチャル教会

posted 2004/04/13
バーチャル教会内で祈ったり、説教を聴くことができる。マルチユーザー。まじめにやってるんだろうけど、とりあえずゲームの枠に収めた。
 -- Ship of Fools のWebサイトより

 

GROOVY THE PIRATE - Shockwave3D Game

GROOVY THE PIRATE

GROOVY THE PIRATE

posted 2005/01/12
制限時間内に金貨を集めると次のステージへ進めるゲーム。

 

アップル 万歳。

Mac mini

Mac miniiPod shuffle

アイザワは、ハードウェア関連の話題は滅多に取り上げないが、これだけは別。コレに関する記事はいろんなとこで見られるので特に言及することはないが。ホントに物欲をそそるなぁコレ。アイザワは未だ G4 Cube愛用だが、スロットローディングCDは排出が困難なほど老いぼれてしまったので、外付けドライブでも買おうかと思ってたら驚きの新製品が登場した。ホントに58,590円でコレが買えるの? ドライブ買うつもりで、Macが買えるよ。そういえば、正月に「Pirates of Silicon Valley」(Apple vs Microsoft)なる映画を見た。続編が出る頃には、どうなってるのか楽しみだ。

 

Director で One-Sprite Widgets を実現

One-Sprite Widgets

One-Sprite Widgets - LingoWorkShop

Directorでオーサリングしてると、"Widgets"にはいつも頭を悩ます。ウィジェットはスクロールバーやタブ、ツリー、メニューバーなんかの小物のことだが、最高の解決策を未だ見つけることが出来ない。というのも、Directorがこれらを提供してなく、ボタンなどの最低限のモノはあるモノの満足行くモノではないからだ。Flash コンポーネントもいまいちだし。で、結局のところ自分で作るのがベストなんだがスプライトやスクリプトの煩雑さや手間を考えると、Xtraの既製品に頼ってしまいがち。しかし、この「One-Sprite Widgets」はすべて「Lingo & ビットマップ」製のWidgets。でも一枚のスプライトで実現しているところがシンプルでおもしろい。ビットマップを直接書き換える、このアイデアはイタダキです。

 

航空写真データベース - 国土情報ウェブマッピングシステム(試作版)

坂ノ市S49

旧藍澤邸 大分県大分市坂ノ市

国土交通省がおもしろいサービスを始めた。その名も「国土情報ウェブマッピングシステム」。いろんな国土情報をWeb上で観覧できる、かなり大規模なサービス。生活に関する情報なら、各種地図サービスなんかを利用した方が便利だが、堅い感じのデータがかなり揃ってる様子。アイザワにはどういう風に利用するモノなのか理解できていないが、それでもこれはスゴイってなったのが、全国の空中写真(航空写真)を結構な解像度で観覧できること。少なくとも自分の家程度は識別できる。ということで大分の実家を検索してみると、あった。撮影時期がかなり古く昭和49年で、僕が生まれる前の画像。。驚きました。

 

VRAM サイズを調べたい。

controlling an avatar

controlling an avatar

普通のアバターを歩かせるデモ。「i」ボタンをクリックすると videoRamが表示されるけど。これが使用するテクスチャメモリを意味するのか、搭載されるビデオメモリなのかよく分からないが、少なくとも環境によって値が変化してる。Quadro FX700 128MB で 11849KB。ATI Rage128 16MBで5921KB。 11MB程度の値なのでビデオカードのメモリを取得ってことはあり得ないと思うけど。画面サイズと色深度を掛け合わせる最小ビデオメモリサイズでもなさそうだし。使用するテクスチャメモリを指すのかな?だったら、少なくともユーザーの環境に合わせて色深度なんかを変更してるんだろうか。前々から、Lingoで VRAMを取得したい。と悩んでたのが再発。環境を調べて、SOLAが快適に動くかどうか分岐させてたいと前々から考えてた。「getHardwareInfo()」がもうちょっとがんばってくれれば悩む必要はないのに。。。。ということで考える始める。

 

architecture walkthrough - Shockwave3D Demo

architecture walkthrough

architecture walkthrough

posted 2004?
LightMap有りの住宅ウォークスルー。壁材やサッシの色なども変更できる。
 -- gunnar vagt のWebサイトより

 

accoustic brand exhibition - Shockwave3D Demo

accoustic brand exhibition

accoustic brand exhibition

posted 2004?
サウンドが聞こえる状態で観覧すべし。なんとも不思議な感覚になるデモ。
 -- gunnar vagt のWebサイトより

 

Track3D - Shockwave3D Demo

TrackRace

Track3D

posted 2004
レースゲームデモ。車の質感がおもしろい。

 

未来検索アラート と はてなアンテナ

自分の代わりに作業を行うエージェントが、ここ最近充実してきた感じがする。アイザワが指すエージェントとは、Web自動巡回や検索エージェントなど。昔からあるような気はするが、ヒットしたり自分に引っかかるモノはなかった気がする。で、「未来検索アラート」と「はてなアンテナ」の紹介。「未来検索アラート」は検索エージェント。登録した語句の検索結果が更新された時にメールで通知してくれる。現在はBlogのみが検索範囲。「はてなアンテナ」は自動巡回エージェント。登録したサイトが更新された際にメールで通知してくれる。アイザワはメッセンジャーソフトでメール受信するので、ほぼリアルタイムでメールを受け取ることができる。各種サービスと常時接続のおかげで正真正銘の真のエージェント。エージェントは新しく検索されたサイトやよく見るサイトの更新を、勝手に教えてくれる。こんなに情報が沢山ある中、自分で拾えない情報を確実に拾ってくれるエージェント、ますます便利になって欲しいものだ。

 

改めて。SOLA Blog、アイザワについて。

アイザワ:藍澤祐一

当サイトの管理者。(株)イークラフト勤務。ランドスケープデザインのための リアルタイム3Dツール「SOLA」の開発、及び景観系3DCGの作成、DTPやWebに関する雑務を行う。大分県大分市生まれ、普通に高校卒業後、九州芸術工科大学入学。工業設計を学ぶが未消化なまま卒業。逆に他学部で建築CAD・3DCG、DTP、マルチメディア、各種プログラミング言語を学んだことが今に活きる。

SOLA

SOLA Blog

アイザワのBlogサイト。「SOLA」「Shockwave 3D・Web3D」「3DCG」「Director Lingo」「リアルタイムレンダリング」をメインキーワードに、職務及びプライベートで入手した情報を紹介する。現状は「SOLA」の開発が若干停滞気味なので「Shockwave3D」に関するエントリーが多くなっている。

関連リンク

 

con-motion - Shockwave3D Contents

Ryosho_conMotion

con-motion: ストリートダンスのモーションキャプチャ

posted 2003/01
大学の後輩、料所大輔くんの卒業制作「con-motion」。初めてのDirector作品であったが、なかなか良くできていると思う。モーションキャプチャを利用したボーンアニメーションは、Shockwave3Dではなかなかお目にかかれないので結構珍しい部類。オリジナルはプロジェクタ作品であったが、アイザワがShockwave用に若干再編集し今回紹介することになった。

 
ようこそ、SOLA Blogへ

このウェブログは、三次元のリアルタイムレンダリングに関する話題が中心です。たとえば、SOLAやオンライン3Dゲーム、Web3D、VR。3DCGやプログラミングとかもその範疇。VR未体験の方は、ぜひイークラフトのVRコンテンツで遊ばれてください。とはいえ、雑記といえば雑記かも。

Archives
Search でも役立たず
Profile / Contact
アイザワ ユウイチ

アイザワ ユウイチ
テクニカル・アーティスト

東京都港区在中、株式会社イークラフト勤務。ランドスケープ業界に新感覚3Dツール SOLAを提案中。下のフォームから連絡とれます。気軽にどうぞ。