ししまい君

ししまい君

ししまい君

posted 2002/04
日本で早い頃に作成されたコンテンツ。動きはモーション・キャプチャーによるもの。
 -- 北会津彼岸獅子 より

 

Fashion Clothes

fashionClothes

fashion clothes

posted 2003
衣類を写真とShockwave3Dで観覧できる、Eコマースのバーチャルカタログデモ。質感表現などはそれなりにうまくやってるとは思うが、やはり不十分か。この程度の衣服なら3D表現は必要ないのかもしれない。
 -- PAD System より

 

Antique Fighters

AntiqueFighters

Antique Fighters

posted 2002
キャラクターのボーンアニメーション。キレイにボーンが入ってる。最終的には格闘ゲームになるみたいだが、、、進んでいないまま。Lingoの壁に当たったんでしょうか。
 -- Antique Fighters より

 

SOLA4 ver0.36 : アニメーションの書き出しが AVI形式に対応。

SOLA

フルダウンロード 7MB

0.3x - 0.36 差分ダウンロード 0.5MB

  • 3D画面サイズを数値入力する機能追加(ウインドウ > 3Dビューサイズを指定)
  • アニメーション書き出し形式の変更(AVI形式に対応)。
  • アニメーション変換機能の追加。(ファイル > アニメーションの再出力)

今回はアニメーション書き出し機能の修正がメイン。キーボードショートカット「1」〜「3」で暫定的にアニメーションの記録とQuickTime書き出しを行えるようにしているが、Media Playerで再生できないかという要望が多いため仕様を変更。メディアプレイヤーで再生可能な AVI形式で書き出せるようにした。

 

Palm Pilot

parm

Palm Pilot

posted 2002/04
ボタンやスタイラスをクリックするとモデルのアニメーションが再生されるギミック。
 -- Ikon Multimedia より

 

trimetric 3D Service GmbH

Trimetric

単純なモデルのデモが 6点。

posted 2003?
トップページのメニューから「Beispiele > Visualisierung > Produktprasentation」で観覧できる。eコマースでよく見かけるタイプ。
 -- trimetric 3D Service GmbH より

 

CARRARA は W3Dに対応。

CARRARA

Carrara Studio 3

低価格3Dソフトウェアで、Windows版、Mac版があることから、その存在は知っていたが。まさか W3D形式に対応していたとは思わなかった。Shockwave3Dで徘徊中にこちらで発覚。で、調べてみると39,800円と低価格にもかかわらず、かなりの機能を持っていて、流行のモノはそれなりに押さえてる。すばらしいですね。これならもっと盛り上がっても良さそうなんですが、なんで今まで気づかなかったのだろうか。

 

SOLA4 ver0.35 アップデート

SOLA

フルダウンロード 7MB

0.3x - 0.35 差分ダウンロード 0.2MB

  • 使用期限延長 2005/02/28 まで。

今回は単純に期間延長のみ。3DCG業務ばかりで、SOLAの開発に手が回らなかった。基本技術に関しては、ライト(シャドウ)マップ手法を習得したので、あとは実装あるのみ。レイトレース法も勉強中なので、影も自動で落とすことができたら良いと考えている。以前のロードマップはホント意味がなくなりました。正月休み中になんとか進めたいところ。。。

 

Time Machine

timemachine

Time Machine

posted 2002
映画タイムマシンのプロモーション。モデルはかなり緻密に作られている。アイザワも映画は見たことがあるけど、googleのこのサービスが進むと、劇中に出てくる図書館みたいな感じになってくるんだろうか。
 -- The Time Machine より

 

Submarine

submarine

Submarine

posted 2001?
かなり初期の頃のデモ。作者も不明。サイト自体も作成中のまま止まっている。
 -- www.secretlevel.de より

 

Nature 1

nature1

Nature 1

posted 2001/07/28
水面の反射、葉のバンプ風な表現。
その他のデモは、「Journey」、「Drive」、「Polygon 1」、「Field 2」、「Field 2」、「Field 1」、「Pensees」。 Pensees も必見、3D機能を使ったおもしろい表現手法。
  -- mano1.comSchockwave3Dデモ より

 

3D City

3Dcity

3D City

カメラの切り替え時のエフェクトが格好良い。
  -- multimedial社の 3Dデモ

 

Soner

Sonar

Sonar, xQuake. Apache

ショックウェーブ3Dの実験サイトやデモなどの整理が停滞しているので、小出しにしながら最終的にリンク集に仕上げる予定に変更。順序は時系列やお気に入り順でもなく適当。今回は、2002年とDirector8.5で初めて3D機能が搭載された初期の頃のデモを紹介。当時、物理エンジン Havokは衝撃的だった。今見ても、結構なクオリティーである。
 -- Can Demirbagのデモサイトより

 

3Dレースゲーム -- BBC Top Gear

fiesta

FordFiesta Sports Series

Barry Swanの新作レースゲームが正式公開された。

 

立体Expo その2

立体Expo(立体映像産業展2004) に行ってきた。で、そんなに期待したモノでもなかったというのが下の記事。だが、最新技術というよりもアイデア?で、おもしろく感じる製品もあった。僕が書くよりも分かりやすく書いてあるページがあったのでこちらをどうぞ > ITmedia

 

立体Expo 2004

立体Expo

立体Expo(立体映像産業展2004) に行ってきた。特に目新しいモノはなし。「立体ディスプレイ」やら「立体視」などの言葉が飛び交う。この「立体」っていうのにアイザワはかなり疑問視してるのだが、いわゆる 3Dではない。僕らが使う 3Dとは、ポリゴンや三次元座標を、現実には 2次元の平面(ディスプレイ)で扱うことを指す。が、彼らの言う 3D(立体)は何なのかっていうと、立体的に見えるってことなんだろうか。最終的には立体映像を目指してる? よく分からないが、とにかく「立体視」というのが多かった。定番は偏光メガネで見るディスプレイ。コンテンツが魅力的でないのか、ディズニーのようなアミューズメントパークの様には見えない。なんだかこう画面から飛び出してくるような勢いがなかったなぁ。最近は、立体ディスプレイが多い。コンシューマ向けの製品も出てるが、立体とは言い過ぎ。どう見ても浮いてる風にしか見えない。普通の3DCGや映像の方がまだ立体感を感じる。まだまだ成長段階の産業だから、魅了されるような製品はないが今後素晴らしい「立体映像」を表示できる機器が出現することを望む。

 

visibility= #front_NoDepth : Undocumented 3D Lingo

undcLingo

member(キャストメンバー).model(モデル).visibility = #front_NoDepth

この種の情報はすぐに忘れてWebに埋まってしまうので、自分のBlogにメモしておくことにする。使えそうで使っていないドキュメント化されていないプロパティー。ドキュメントでは visibility = #front, #back, #both, #none が記載されいているが、#front_NoDepth, #both_NoDepth, #back_NoDepth も使える模様。_NoDepth以降に描画されるモデルはZ深度を無視し、トップに描画される。これを使ったトリッキーなデモはこちら。さすが、Lucas 分かりやすいです。

 
ようこそ、SOLA Blogへ

このウェブログは、三次元のリアルタイムレンダリングに関する話題が中心です。たとえば、SOLAやオンライン3Dゲーム、Web3D、VR。3DCGやプログラミングとかもその範疇。VR未体験の方は、ぜひイークラフトのVRコンテンツで遊ばれてください。とはいえ、雑記といえば雑記かも。

Archives
Search でも役立たず
Profile / Contact
アイザワ ユウイチ

アイザワ ユウイチ
テクニカル・アーティスト

東京都港区在中、株式会社イークラフト勤務。ランドスケープ業界に新感覚3Dツール SOLAを提案中。下のフォームから連絡とれます。気軽にどうぞ。